フローリングというのは生活に密着しており、日常的に使用することも多い場所ですので、日々のメンテナンスが必要です。

なのでフロアコーティングはとても大切なことであり、コーティングの種類やフローリングの種類によって相性や耐久性が違うためよく考えて施工することをおすすめします。
フロアコーティングには、油性と水性のコーティングがあります。



油性のコーティングですとシリコンコーティングやガラスコーティングがなどがあって、成分にはシンナー系の有機溶剤が含まれているため耐久性や硬度が高いです。

ですが、シンナー系の有機溶剤ですので、フローリングの種類や相性によってフローリングが傷んでしまう場合もあるので注意が必要です。


水性は市販のワックスに近い成分で、アクリル樹脂系と呼ばれるコーティングが多いです。



耐久性は油性に劣ってしまいますが、ワックスよりは耐久性があるので、ハードコーティングに抵抗があって、あまりメンテナンスも頻繁にできない方におすすめです。

油性とは違ってシンナー系の有機溶剤が含まれていないため小さいお子様がいる家庭やペットを飼っていらっしゃる方でも安心して過ごせます。


また塗り替えのコストはかかりますが、コーティングの表面が汚れてきてしまった時でも剥離して再施工するのが簡単です。

塗り替えが簡単に行えるのでいつでも綺麗な状態を維持することができます。ですのでそれぞれのコーティングのメリットとデメリットもよく考えて検討した上でフロアコーティングするのが良いです。